多汗症と呼ばれる病気の症状と治療方法について

多汗症とは、生活の質を大きく落とすほどに汗をたくさんかく状態であり、時に治療が必要なこともあります。全身性と局所性の2つのタイプがあり、ホルモンバランスが悪いとか神経疾患、または精神的なトラブルなどが原因であることが多いです。多汗症の治療を希望する時には、皮膚科や形成外科の診断を受ける必要があります。治療方法としては、神経伝達物質を抑える薬や精神安定剤などの薬を使って治します。塗り薬によって汗の影響を緩和するという方法や、神経伝達をブロックする薬剤を患部に注射するという方法もあります。汗を多くかく場所にボツリヌスの薬剤を注射することで、神経の働きを留め、しばらくの間発汗を抑制できます。汗をかくのは汗腺があるからですので、外科的手術で汗腺を除去するという方法で物理的な治療をする場合もあります。また手術以外にクアドラカットという特殊な道具が使った治療方法もあり、手術に比べるとかなり早く完治します。多汗症の手術を受けることで、高額な治療費や、副作用のリスクなどもありますので、あらかじる調べておきましょう。治療方法や費用のほかリスクについて、担当の医師ときちんと相談したうえで、治療するかどうか決めるようにしましょう。対人関係の不安感や緊張などで多量の汗をかくタイプの多汗症は、心療内科での治療が有効な場合もあります。人一倍汗をよくかくという人は、汗をかくきっかけや、自分の汗の量をよく確認した上で治療を選択しましょう。利尻ヘアカラートリートメント