40代から気になる体のニオイ

今朝は少し遅く起きたから、フレグランスをつけてくるの忘れちゃった…
大人の女性がうっかりした隙を見せるとかわいいものですが、加齢臭が漂うとなると問題外ですよね。
毎日きちんとシャンプーしていても、どうしても夕方には皮脂のニオイが出るものです。
ただ40代あたりから体臭がキツくなるのは、中年期の皮脂の酸化によるものです。

若い頃の汗の酸化のニオイとの違いは、加齢臭のニオイの元となるノネナールという物質によるもので、40歳を過ぎたころから増加していきます。
部位としては、頭部、耳の後ろ、後頭部、肩甲骨の間、ワキの下が発生しやすいです。
夕方から夜、自分の頭皮や耳の後ろを指でこすり、嗅いでみるとニオイがわかる場合があります。
逆に夜になっても頭皮が臭わないならまだ大丈夫です。

また、現代は女性もバリバリ外で働くのが当たり前の時代ですよね。
競争心や攻撃性などで皮脂の分泌量が増えることがあり、加齢臭が発生しやすくなります。
脂っこい食べ物や甘いものは、男性ホルモンを増加させ皮脂量を増やすので少量にして、
できるだけ抗酸化力の強い緑黄色野菜を含むあっさりとして食生活を心がけましょう。

クリアネオ【CLEANEO】の口コミ・購入はこちら