眼精疲労を防ぐには

パソコンを使って過ごしていると、どうしても目を酷使しがちで目が疲れやすくなります。 とくに眼精疲労は身近な症状で目が痛くなったり、瞼の下がけいれんしたり頭痛が引き起こされることもあります。 そこで、眼精疲労を防ぐのに有効な方法を2つご紹介します。 1.目薬で予防する 目薬を差してからパソコンを使うようにすると、眼精疲労の予防になります。 作業中に差し足してもOKですが目薬には1日何回までという決まりが目薬購入時の箱または説明書に書かれているので制限回数を守るようにしましょう。 目薬では、血管収縮剤が入っていないものがおすすめです。 血管収縮剤が入っている目薬は目の充血を改善する効果があるのですが、これは目の充血を無理やり直す形になるので目薬の効果が切れたときに目にかかる負担が大きいのです。 そのため目薬を選ぶときは「第三類医薬品」と書かれているものであれば血管収縮剤が入っておらず目に優しい作りの目薬なので、そういったものがおすすめです。 なお、目薬の使用期限もしっかりと守るようにしましょう。 2.画面を少しだけ薄暗くする 通常の画面は、白くてブルーライトが強いのですがその分目にかかる負担が大きくて目が疲れやすくなってしまいます。 パソコンであれば、ディスプレイの設定で画面を淡いグレーにしたりすることによって目が疲れにくくなります。
おすすめサイト:ルックルックベリーの効果は本当にある?口コミや評判はどう?