バイク高価査定のタイミングっていつ?

バイクの売り時っていつなんでしょう?特に250cc以下のバイクは車検がありませんので、車検のタイミングで買い替えを検討するという意識が薄くなり、ついつい先送りになってしまいます。

でも、ズバリ言ってしまうと、バイクを高く買い取ってもらうタイミングは早い方が有利と言えます。

需要と供給の関係で、春先はバイク需要が増えますから春先の査定額は他の季節と比較して高くなる傾向があったりします。ですので春先まで買取を待つ人がいたりしますが、それは危険です。

バイクメーカーは需要の高まる春先にバイクの新型モデルを出してきます。色を変えたりするマイナーチェンジの場合はともかく、フルモデルチェンジになった場合は大変です。
もし、あなたが乗っているバイクがフルモデルチェンジされたら、その時点であなたのバイクは旧車扱いとなってしまい、査定額は一気に下がってしまいます。
そういう危険性を避けるため、むしろ春先を待たずに売りたいと思ったときにバイク買取で売却を検討したほうが得策です。

日本海側の積雪のある地域は11月頃になるとバイクを冬眠させてしまいます。冬眠させると次にバイクに乗るのは4月なので、乗らない期間は6ヶ月間もあるんです!
残念なことに、この乗らない6ヶ月間にもバイクの価格は下がり続けますので、バイクの売却は冬眠させる前が有利ということになります。

しかも、冬の期間バイクに乗らない雪国のバイクは走行距離が少ない傾向にあります。1年中乗れる地域に比べ30~40%は走行距離が少ないことが多いですから、バイク買取業者から見たら高評価なんですね。

バイクを売りたい!と思ったときが売り時です。春先を待たず雪国の方も冬眠前にバイクを早めに売るのが、より高額にバイクを売るタイミングということなんです。