夏なのに肌は意外に乾燥している事実

夏は暑くて汗でべとつきますよね。

それなのに、実は肌の中はすかすかに間周防しているんです。

そんな肌の状態をインナードライを言います。

インナードライと聞くと一度耳にした事がある人も多いのではないでしょうか?

夏の紫外線や日光により肌の水分が蒸発、また細胞がダメージにより傷つきインナードライの状態になります。

 

この時のコツは、肌がしっとりとするなと手触りを感じるまで、化粧水を塗りこむこと。

どんな高い化粧水でも、やっぱりたっぷりとつけることが大事です。

高い化粧水でも少量しかつけないのであれば、安い化粧水をバシャバシャと付けて、

肌にたっぷりの栄養を与えるほうが大事です。それだけ肌は水分を欲しているということです。

 

たっぷりと化粧水を顔に馴染ませて、肌が潤ったな~と感じたら、

更に栄養を補うように美容液を塗りこむようにしましょう。

美容液での濃い目の栄養補給は、集中治療のようなものなので、

購入できる余裕があれば、ある方が良いです。

 

化粧水と美容液の栄養分が逃げないように、最後は乳液でフタをしましょう。

フタをすることによりぷるぷるの肌が保たれます。

しっかりとケアした分だけお肌は答えてくれるので、秋は保湿ケアを大切に行ないましょう。

楽天でシンデレラアップは売ってる?